男性看護師の転職情報は少ない?求人状況の男女差を切る!

看護師転職を少しでも考えてるなら、患者さんのスマホを叩き割る前にこれを見てよね。

日勤のみ&残業なし&土日休み」でも給料アップは目指せるのよ。

看護師転職ランキングを見る

皆さんごきげんよう。白衣の戦士メイコよ。

今日は看護師求人の男女差について紹介していきたいと思うわ。

世間ではナースと言えば女性というイメージが強いけど、実際には男性の看護師も少なくないわよね。

でも、実際に病院などの施設にいくとナースのほとんどは女性のはずよ。

そこで男性看護師の転職先は少ないのか?という不安がよぎる男性看護師もいると思うから、そのことについて詳しく話していくわね。

男性看護師の転職先は少ない?男女差はあるのか?

既に皆さんもご存知のとおり、ナース業界は常に人手不足よ。

これは女性看護師だけじゃなく男性看護師でも同じこと。

だから、結論から言うと看護師の求人状況に男女差はないわ。

 

実際に看護師の転職・求人情報を見てもらったら分かるけど、特別な施設でもない限り性別の差で応募できないということは無いことが分かってもらえるはずよ。

だから、男性でも気にせず看護師を目指してほしいし、男性看護師として名一杯活躍してほしいわ。

男性看護師のメリット・デメリット

メイコ
メイコ

求人・転職状況には差がないけど、実際に働くとなると男性ならではの問題に直面するものよ。事前に知っておくといいわ。

男性看護師のデメリットとは?

男性看護師が最も感じるデメリットが、若い女性の患者さんと接しにくいというところよ。

産婦人科の実習で困った経験をしたことがある人も多いと思うけど、「看護師と言えば女性」という概念がどうしても世間には存在するの。

だから、対患者さんという点で言えば、若い女性には中々受け入れてもらえなかったり、男性看護師側も必要以上に気を遣ってしまったりするわ。

 

また、対患者さんだけでなく対仕事仲間というシーンでも、男性看護師と働いたことない女性看護師からは変に気を遣われることもあるわね。

男性看護師のメリットとは?

男性看護師は女性看護師よりも力が強いので介護系の業務で発生する入浴の補助や、暴れたりする患者さんが出やすい精神科などで特に重宝されるわ。

 

あと、ここからは個人的な意見も入っちゃうんだけど、男性看護師のほうが高齢の女性患者に好かれやすいイメージがあるわね。息子のように感じてしまうのかしら。

あとは、男性看護師のほうがパソコンや機会に圧倒的に強い人が多いわね。

医療現場では心電図や人工呼吸器などを使うシーンも多いんだけど、やっぱり男性看護師のほうがテキパキとそのへんは対応が早く、ドクターもそういったことは男性に任せている傾向があるわね。

 

\メイコおすすめの求人サイトを見る/

看護師の転職サイトランキングはこちら

 

次はこの記事を読んでよね。

看護師の施設ごとの仕事内容の違い

このサイトの運営者
メイコ

注射器を片手に看護師転職戦争を生き抜いた最狂のナース。「白衣の戦士」の異名を持つ。

メイコをフォローする
メイコをフォローする
ナースマイル
タイトルとURLをコピーしました